株式会社KDDI研究所 > 製品情報 > オーディオ・ビジュアル > 3GPP2(EZムービー)ソリューション > 製品概要

  • 製品概要
  • 製品仕様
  • 購入・お問い合わせ

概要

ビデオ・オーディオを含むメディアファイルから、MPEG-4 モバイルビデオコンテンツ(EZムービー/3GPP2)を制作するための各種ツールを取り揃えております。作成したビデオコンテンツは、3G モバイルビデオ対応の携帯電話端末で再生することができます。独自開発の MPEG-4 ビデオ圧縮コーデックにより、高品質・高効率を実現しています。また、著作権情報やテロップの挿入も可能です。

※KDDI では、3GPP2 標準に基づく第三世代携帯電話向けモバイルビデオサービス "EZムービー" を提供しています。国際標準 MPEG-4 ビデオならびに MP4 フォーマットをベースに、KDDI 独自開発技術が盛り込まれています。 EZムービーは高品質ビデオに加え、特殊効果付きテロップ、さらには高品質オーディオを携帯端末上で実現しています。また、携帯電話による遠隔監視やビデオメールにも応用されています。

特徴・機能

高速・高画質の変換エンジン

  • 高度な前処理による画像分析機能を備えた独自開発のエンコーダにより、小さいファイルサイズでも,高精細でかつ動きの滑らかな画像品質を実現しています。
  • MPEG-4 AACオーディオエンコーダによる高音質オーディオを付加することが可能です。
  • 高度なマルチタスク・マルチスレッド処理により、PCに搭載されているCPUを最大限有効に利用した高速変換処理を実現しています。

便利な機能

  • 著作権保護情報設定、有効期限・再生可能回数設定、多様なテロップ効果付加など、多彩な機能を搭載しています。

多彩な製品群

  • お客様のワークフローに応じて、下記の3種類の製品から最適な製品をお選び頂けます。

3GPP2ムービークリエータPro (GUIアプリケーション)

3GPP2ムービークリエータ Proは、直感的な操作で簡単にコンテンツを生成することができるGUI型のアプリケーションです。

高度なコンテンツ管理

  • 大量かつ多様なコンテンツでも、簡単な操作で一括して変換処理を行うことができます。
  • 個々のコンテンツに対するパラメータは、XMLファイルで管理され、外部データベースとの連携も可能となっています。

便利な機能

  • アフレコ機能により、オーディオファイルとビデオファイルをそれぞれ別々に指定することができます。
  • 背景静止画挿入機能により、静止画付きのオーディオコンテンツを生成することができます。(画像データは1枚だけですので、ファイルサイズもオーディオのみとほとんど変わりません)
  • テロッパのエフェクト&プレビュー機能により、テロップ編集中にエフェクト効果を即座に確認することができます。

3GPP2ムービークリエータ Pro の実行画面


3GPP2ムービークリエータ Pro によるコンテンツ制作

3GPP2ムービーエンジン (コマンドラインアプリケーション)

3GPP2ムービーエンジン はサーバ構築に最適なコマンドライン型のアプリケーションです。

主な特長

  • 入力ビデオファイル、符号化パラメータ、テロップテキスト、出力ファイル名をコマンドラインから指定して実行します。
  • Web サーバの CGI プログラム、バッチファイル、その他スクリプトファイルなどから容易に実行可能です。
  • 3GPP2ムービーエンジン の実行状況は、別途用意された API により外部アプリケーションからモニタリング可能です。

3GPP2ムービーエンジン のコマンドライン実行例

  • 1.コマンドラインシェルから、パラメータファイル(Sample.apr)、入力画像(input.avi)、出力ファイル名(out)などを指定します。
  • 2.指定したパラメータに従って、EZムービー(.3g2/.amc)ファイルが生成されます。
  • 3.変換状況は、I/Fライブラリを経由して、外部アプリケーションから監視できます。


例 ) EZムービーファイルを配信することができるサーバに、ユーザが所望の変換条件に対応したスクリプトを書くことにより、任意ムービーを自動的にEZムービーに変換・配信するサーバを構築できます。


3GPP2ムービーSDK (ソフトウェア開発キット)

3GPP2ムービーSDKは、お客様独自に開発するシステムとの柔軟な連携を可能にするソフトウェア開発キット(SDK)です。

主な特長

  • 本 SDK により、モバイルムービーエンコード/デコードアプリケーションプログラムを短時間で開発することが可能です。(サンプルソースコード付)
  • 複雑な MPEG-4 ビデオ符号化/復号処理やファイル多重処理を意識することなく、開発者はシンプルな API のみを利用してソフトウェアのコーディングを行うことが可能です。
  • データ多重 API を有し、本 SDK 以外で生成した MPEG-4 データなどを、3GPP2/amc 形式に多重出力することが可能です。

3GPP2ムービーSDK の操作法

  • 1.アプリケーションからSDKの初期化、パラメータ設定を行います。
  • 2.SDKからのコールバックに応じて、ビデオ原画像フレーム(RGB)、オーディオデータ(PCM)を渡します。
  • 3.終了処理の後、EZムービーファイル(.3g2/.amc)が出力されます。


例1) 自分の好みにあったGUIを持つEZムービーコンテンツクリエートソフトを容易に生成できます。



例2) ムービーを生成・管理するアルバムのようなソフトにおいて、EZムービー形式のファイルをエクスポートするオプションをつけることができます。



※EZムービーは、KDDI au の第三世代携帯電話向けビデオアプリケーションです。 従来からの amc フォーマットに加え、3GPP2 準拠の新フォーマットが新たに採用され、本ソフトウェアはこれらの双方に対応しています。 EZムービーにより、高品質ビデオのモバイル配信を可能としています。また、XML ベースのテロップテキストや高音質オーディオを付加することも可能です。携帯電話を用いたビデオ鑑賞、遠隔映像監視、ムービーメール等に最適です。

関連商品

MP-Factory 5.5

コーデック・画質評価機能などの多彩な機能を搭載したソフトウェアMPEGライブラリ

株式会社KDDI研究所 > 製品情報 > オーディオ・ビジュアル > 3GPP2(EZムービー)ソリューション > 製品概要