株式会社KDDI研究所 KDDI R&D LABS このページを印刷する

訪日外国人向け観光タクシーで、多言語音声翻訳システムを活用した社会実証を開始 ~鳥取県鳥取市の「1000円タクシー」で、多言語の観光案内を実現~

2015年11月18日
KDDI株式会社
株式会社KDDI研究所

 KDDI、KDDI研究所は、2015年11月18日より、鳥取県鳥取市の訪日外国人向け観光タクシー「1000円タクシー」において、多言語音声翻訳システムを活用した社会実証を開始します。

 「1000円タクシー」は、2011年1月より提供されている、鳥取市を訪れる外国人観光客向けの観光タクシーです。おもてなしの心や観光地の歴史・文化などを学び、「鳥取観光マイスター」として認定されたタクシー運転手が鳥取市の各観光地をご案内します。3時間で1000円(税込。乗客1人あたり)でご利用いただくことができるため、外国人観光客は鳥取の観光を気軽にかつ安価にお楽しみいただくことができます。

 今回、KDDIは多言語音声翻訳システム(注1)を「1000円タクシー」に搭載(注2)し、従来課題となっていたタクシー運転手と訪日外国人のタクシー内のコミュニケーションを実現させることで、言葉の壁に起因する社会サービスの差を克服することを目指していきます。また、KDDI研究所は、音声翻訳精度の更なる改善のため、位置情報や利用者のスマホなどの情報を活用した「翻訳精度向上技術」の研究開発を進めていきます。

 今後も、KDDI、KDDI研究所は、訪日外国人旅行者の満足度や安心感の向上、旅行者数増加やリピート率の上昇、観光等による地域経済への波及に寄与するため、ICTを活用した「おもてなし」の実現に向けた取り組みを進めていきます。

<提供イメージ>

以 上

(注1)多言語音声翻訳システムは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した技術を活用し、KDDIが構築しています。英語、中国語(简体中文)、韓国語の翻訳に対応しています。(2015年11月18日現在)
(注2)「1000円タクシー」への多言語音声翻訳システムの搭載は、株式会社トヨタIT開発センターおよび富士通テン株式会社の技術協力を頂いています。

 

※本社会実証は、総務省委託研究開発「グローバルコミュニケーション計画の推進 -多言語音声翻訳技術の研究開発及び社会実証-」の一環として実施するものです。

別紙資料は下記をご参照ください。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社KDDI研究所
営業・広報部 広報チーム
E-Mail: inquiry@kddilabs.jp

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。 商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。